読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ちょこっと

洋裁と庭の記録 ただ今ブログの記事を移動中です

課題のストレートパンツ採点返ってきました

先日提出した課題が採点されて返ってきました。

 

あのぷっくりした封筒は

課題をこちらから郵送する時に一緒に返信用封筒も同封するのですが、やはり切手をテープで留められていました。はがれやすいのでしょうか。だったら紙の封筒にすればいいのに、とか思いますが、これは多分、中身の作品を雨などから守るためにあえて紙より丈夫なものにしてあるからなのでしょう。課題のパンツでぷっくりした封筒はこちらから同封した返信用封筒にぷっくりした形のまま(当たり前ですが)返却されてきました。

 

結果

さてさて、どきどきの採点結果をここで公表します。89点でした。これ、私にとってはものすごくいい点数です。すいませんレベルが低いですか、、、、?でも私はよくて90点取れればラッキーだなとか思っていたんです。だからそれより1点だけたりないこの点数はとても嬉しいのです。しかも提出する前にやり直しをしています。もしやり直ししなかったらどんなことになっていたんだろうと思うとちょっとこわいですね、、、。

やり直しした経緯

どんなところをやり直ししたかというと、ベルトのところです。少しミシンの縫い目が縫うべきところより中に入ってしまって、ベルトを折り返すと、きちんと折れなかったんです。なんというか、布地が足りないというか、、、。これってもしかして、縫ってみて後でアイロンをかけて足りない分を伸ばせばなんとかなるんじゃないかな?とか思って強引に引っ張って縫ってみました。アイロンもかけてみました、、、。がやはり布はそんなに伸びてくれません。伸びないように布地を裁断するときに縦横を通して裁断しているから、まあ、当たり前なのですが。おかげでベルトと布の中のインサイドベルトがにょろにょろになって曲がってしまいました。

 

もういいや、これで提出しよう、時間もないし、とか思ってみましたが、やはり納得がいきません。これって、できあがってもこのパンツ嫌だからはかないよね?はきごこちもこれじゃあ悪そうだし。そんなはかないようなパンツを提出するのはどうでしょうか。あまりにも見てくださる人に失礼です。しかもきっとこれ点数低いよって自分でわかっているようなものを出すなんて、、、。低い点数がついて返ってきたらいやですよね。あの時なんでやり直して提出しなかったんだろうって思うのもいやだし。いろいろ考えましたが、とにかく納得するものを出そう!と思ってベルトのところをほどきました。

 

でもこれ、黒なんだよね、見えにくいよ~とか言いながらほどきましたよ、えんえんと。まあ、ここへ来るまで何度もほどいているのでこれくらいなんでもないですが。結構簡単にほどけました。やはり以前からやり直しには慣れているからか?でもほどくと気分がすっきりしました。こんどは慎重に縫ってなんとか納得のいく仕上がりになりました。曲がったベルト芯もちゃんとまっすぐにおさまりました。やりなおしてみて思いました。なんだ、やり直そうかどうか迷っていたが無駄だったなあと。とっととほどいてやり直せばよかったんです。そうすればもっと早くできあがって提出していたのに。

コメント

返却された課題と一緒に提出した用紙に、先生の点数と共にコメントも書いてくださるのですが、それがまた嬉しいです。いや、褒めてくれたから嬉しいとかじゃなくて、何と言いますが、先生見てくれてありがとう!っていう気持ちになります。私だけかもしれませんが、このつたない作品を見てくれたことに感謝しまくってます。

 

たとえば、パンツの裾を私は少し引っ張り気味にまつっていたのですが、そこを見て先生が、引っ張り気味にしないようにしましょう、とかって書いてくれているのです。もうこんなパンツの裾まで見てくれてありがとうと思ってしまいます。そして、この個所は私自身気が付かなかったので、指摘してもらったのはよかったです。まつる、なんていうのは小学生のころから家庭科の実習で布の端をまつったりともう何回もしていたので、私自身軽く考えていました。なのでここは自分としては、いわゆるうまくできたと思っていた個所だったのですが、それを今回初めて指摘してもらい、気づくことができました。うーむ、確かに引っ張り気味だな、、、。ここって、目立ちますよね、裾のところでつんつんしていたら、、、。しつこいですが、先生ありがとう!です。

 

通信教育をやってて思うこと

今回2度目の課題を提出したのですが(最初は原型の製図)、通信教育をやる前は、こんなに先生にみてもらえるのがありがたいことだとは思いませんでした。口で言うのではなく、文字で書いてくれているからかもしれませんが、一言一言が重みをましております。

 

大げさかもしれませんが、義務教育で先生が教えてくれる、とか、塾で先生が教えてくれる、とかも今思えばありがたいことです。子どもの頃は当たり前かのように思っていました。なんてばちあたりな子どもだったのでしょう。今までこんな私を教えてくれていた、たくさんの先生方に感謝しつつ、これからの課題もやりたいと思います。

 

そんなこと言いつつも、早くも提出課題が遅れまくっている私ですが、通信講座の先生は、なんでこんなに出すのが遅いのよ!とかのコメントはなく、ほんの少しのいいところをみつけてほめてくれてます。これだけでうれしいんだから自分の子どもも、もっと褒めてあげればよかったなあと反省してしまいます。子ども達も大きくなりましたが、これから褒めてあげようまだまだ遅くない!そしてわたしもがんばらないとね~!

 

受講期間の延長

 先日送られてきた文化服装ニュースに受講期間の延長手続き方法の変更のお知らせがありました。
 
本来は受講期間は1年で、無料でもう1年延長できます。それ以降は有料で延長できるのですが、以前は延長の理由を書いて提出しないといけなかったのですが、その必要がなくなりました。2017年4月1日より、認可受講期間が終了する1か月前にまだ終了課題を提出していない方全員に事務局より継続振込用紙が送られてきます。ただし、有料延長については、最大3回までとなります。なので有料延長期間をプラスしたら最大5年間受講できます。
 
実は私すでに延長しています。その時は延長の理由を書いて提出しました。なんか情けなかったですが、今度からは自動的に振込用紙が送られてくるのでそんな情けなさも感じなくて済む?ので少し気がラクですが、余計にたるんでしまいそうですのでここらでがんばらないといけないですね。でも延長って3回までできるんですね。また期間めいっぱいになりそうでこわいです。