読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ちょこっと

洋裁と庭の記録 ただ今ブログの記事を移動中です

うれしいこぼれ種

秋の気配を感じられるようになった頃の庭でこぼれ種から芽がでてきた時の事です。

 

植物達にとっても過ごしやすい季節なのでしょう。なんかいろんな芽がでてきました、、、。

 

雑草再び

 

ガーデニングとか言いながら、雑草ネタばっかりのような気がしますが、うちの庭は草が多いんです。でも除草剤を撒いてからしばらくは生えてきませんでした。多分暑いので雑草もばてていたんでしょう。でも秋の訪れとともに、また活発になってきました。

 

 

朝顔の双葉がでていました。かわいいんですが、ほっておくとどんどん弦を伸ばしてそこら辺の植物に巻き付いて、枯らせてしまったり巻き付かれた方が成長できなくなったりするので抜きます。雑草じゃないけど、勢いはすごいのであなどれません。

 

 

 

小さな雑草の双葉もちらほら。最初は小さいんですが、気が付くと大きくなっているので、抜きやすいサイズになったところでこちらも。

 

こぼれ種から

 

 

また雑草か~とか思ってましたが、いい事も少しありました。こぼれ種から新芽がでてきていました。こちらはペチュニアです。この花の種って細かいから撒くときや発芽の時にちょっと困るんですが、こぼれ種から生えてくれてるんなら、これをそのままポットに植え替えたいと思います。これでひと手間省けたよ~。

 

でも、私いつも水やりは柄杓でじゃばじゃばやっているんですが、そんな荒っぽいやり方でも種が流れず発芽したんですよね、、、。大事に育てているものに限って、すぐ枯れたり発芽しなかったりするのに、あんまり、いや、全然手を書けなかったものに限って、元気に育つなんて、なんかねえ、、、。ひょとすると結構この発芽したものって、丈夫なものなのかも?

 

 

しかも金魚草まで発芽してるし。ラッキーなのでこれもポットに植え替えします。ああまた苗が増えてゆく、、、。

 

パンジーその後

 

夏に撒いたパンジーはほとんど消えました。かろうじて残ってくれたのがこの方々です。

 

 

このうち一番最初に撒いたのは一つだけ、、、。右下のわずかに大きいものです。

 

これだけあれば、とか思うけど、どうも発育がよくなさそうです。やっぱり夏バテしてるのかなあ。

なのでしょうこりもなくまた撒いてみました。去年採取した種もまいてみようかな~。

 

F1の種

 

よく花の種にF1とついているものがありますが、その花の種を自家採取して撒いても、親と同じ花は咲きません。F1は違う種類の親を掛け合わせてできた種なので一代限りなのです。この花と同じ花を来年も咲かせたい!という場合は、同じ種を園芸店で探してきて購入しましょう。もしくは挿し芽ができるものは挿し芽するといいですね。そうすれば同じものができます。

 

 

こうして初めの決意はどこへやら、どんどん苗が増えてゆく、、、。

広告を非表示にする