読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ちょこっと

洋裁と庭の記録 ただ今ブログの記事を移動中です

退治できなかったドクダミ

ドクダミに困った

 

うちにはドクダミが生えています。これがとても厄介なものでして。普通の雑草なら、抜いたらそこからあんまり生えてこないのですが、ドクダミは地下茎を伸ばしているので切れた根からガンガン生えてきます。表面上なくなっても土の下の方で根を伸ばして気が付けば遠くのほうでひょっこり生えていたりします。根は地下数十センチまで生えているので、簡単には抜けません。根もタンポポのようにすっぽり抜けるような生え方をしていなくて、茎の下で、広がるように生えています。ある意味、根としては優秀な生え方ですよね。

 

抜いても抜いてもだめだし、除草剤を撒いてもこれだけは、隠れてこっそり伸びてくるので、しかも勢いが強いので困りものです。冬には地上部はなくなりますが、春になるとまたわんさか伸びてきます。

 

そして抜いたり茎を折ったりしたらにおいがあるのですが、これがどうも私は苦手です。手に匂いがつくのです。ペチュニアのべたべたしたのは許せるんだけどなあ。

 

ドクダミの生える場所

 

ドクダミは日陰の、じめじめしたところを好むそうです。そういえばうちのドクダミは日陰で元気に生えています。しかもじめじめしているのでまさにうってつけの場所です。植木鉢の間とかも好きです。日向はあんまり、でも生えてます。

 

今年はぜひ、退治をしたいと思っていたんですが、ダメでした。なぜかというと、ナメクジ退治に時間を費やしたからです。いっぱいいるんです、、、。でもおかげで結構減りました。来年はドクダミ退治したいですね。

 

現在

 

それでもなんとか、他の雑草を退治するときにドクダミにも除草剤をまいたら表面上はなくなりました。でも数本生えてきています。仕方ないかな、、、。また除草剤まいておきます。

 

ハーブ園にドクダミが植えられていた!

 

いやだいやだと思っていたら、数年前、家族旅行で行った北海道のハーブ園で、ラベンダーや、セージに交じってドクダミも同じ畑に植えられていたのを思い出しました。

 

「そうか~ハーブなんだ?」

 

と思うと、ちょっとドクダミの事が好きになりました。それに昔からドクダミは民間治療薬として使われたりしているのです。結構いいやつかも?と思えてきます。

 

でもハーブ園さん、ドクダミを地植えしていたんですよね。なんか土の中で区切ったりしてるんでしょうね。。でないと地下茎でどんどんあちこちに増えるよね、、、。私が見た時はこじんまりと固まっていたから大丈夫なのかなと思うけど、もし植える人がおられましたら、地植えはおススメしません。え、わざわざ植える人いないって?