読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日ちょこっと

洋裁と庭の記録 ただ今ブログの記事を移動中です

うちの庭で冬越しした草花です

ほったらかしのガーデニングで冬を越した花たちを紹介します。

 

ペチュニア

昔より温暖化?しているのでしょうか。でも冬は寒いですよね。ペチュニアも前は家の中に夜だけ取り込んでいましたが、今年はそのまま置きっぱなしでも大丈夫でした。なんで置きっぱなしかというと、毎日毎日取り入れるのがめんどうになったからです。ただそれだけ。でも軒下だったからよかったのか、なんか冬でも咲いています。これは2月23日に撮ったものです。手入れをしていないので伸びまくっていますが咲いています。かえって夏の暑い時の方が咲きませんでした。

 

今年はこのまま植え替えをして春を迎えたいと思います。青いペチュニアだけでなく、ピンクやら白やらあるので春先から花を楽しめそうです。

 

金魚草

こちらは地植えしていた金魚草です。ポットに植えられているものもあるのですが、地植えでも冬を越しています。小さいですが、今の時期にこれだけならもうこのまま春になっても大丈夫でしょう。金魚草の黄色はいい色なので気に入っています。

マリーゴールド

冬越ししましたとは言いにくい状態ですが、咲いているので一応冬越しした?ということにしておきます。枯れそうだな~とか思っていたらここまでがんばってくれました。このまま様子を見て春まで持ちこたえるかどうか、、、。でも茎がからからなのでこんもりまとまった花にはなりそうもないですが、せっかくがんばっているので置いておきます。本当は処分したほうが庭としてはきれいなのでしょうけれど、まあ、ズボラ庭なので、よしとします。

 

冬越し

それにしても簡単に冬が越せました。寒いけど過ごしやすかったのか、昔より暖かいのか、それともやはり軒下に置いていたのがよかったのか、植物全般が冬を乗り越えやすくなってきているようです。それともほったらかしだから強くなったのか、環境に適合せざるを得なかったのか、、?

 

以前は夜は家の中に入れて、昼間は明るい窓際、晴れているときは外に出して、、、まめまめしくお世話をしていました。そんなことをさせて冬越しさせていましたが、これが結構疲れました。鉢植えを出し入れするだけなんですが、その出し入れがもう大変です。朝の時間のある時はいいんですが、それでも早くに出かけなくてはいけないとか、ありますよね。そんなときに鉢植えを出して出して、、、。しかも欲張ったので鉢植えが増えてしまい、出し入れするのに時間がかかります。そして夕方は、洗濯物とか、晩御飯の支度とか、子どもが帰宅してどたばた、、、。ついつい入れるのを忘れて出しっぱなしにしてしまったら、気になってそれはそれでストレスになってしまいました。

 

なので冬越しは無理をせずに、鉢植えなら外に出しておいて、春になったら気が付いたら運よく冬を越していたなあ、くらいのスタンスがいいのではと思います。

 

課題のストレートパンツ採点返ってきました

先日提出した課題が採点されて返ってきました。

 

あのぷっくりした封筒は

課題をこちらから郵送する時に一緒に返信用封筒も同封するのですが、やはり切手をテープで留められていました。はがれやすいのでしょうか。だったら紙の封筒にすればいいのに、とか思いますが、これは多分、中身の作品を雨などから守るためにあえて紙より丈夫なものにしてあるからなのでしょう。課題のパンツでぷっくりした封筒はこちらから同封した返信用封筒にぷっくりした形のまま(当たり前ですが)返却されてきました。

 

結果

さてさて、どきどきの採点結果をここで公表します。89点でした。これ、私にとってはものすごくいい点数です。すいませんレベルが低いですか、、、、?でも私はよくて90点取れればラッキーだなとか思っていたんです。だからそれより1点だけたりないこの点数はとても嬉しいのです。しかも提出する前にやり直しをしています。もしやり直ししなかったらどんなことになっていたんだろうと思うとちょっとこわいですね、、、。

やり直しした経緯

どんなところをやり直ししたかというと、ベルトのところです。少しミシンの縫い目が縫うべきところより中に入ってしまって、ベルトを折り返すと、きちんと折れなかったんです。なんというか、布地が足りないというか、、、。これってもしかして、縫ってみて後でアイロンをかけて足りない分を伸ばせばなんとかなるんじゃないかな?とか思って強引に引っ張って縫ってみました。アイロンもかけてみました、、、。がやはり布はそんなに伸びてくれません。伸びないように布地を裁断するときに縦横を通して裁断しているから、まあ、当たり前なのですが。おかげでベルトと布の中のインサイドベルトがにょろにょろになって曲がってしまいました。

 

もういいや、これで提出しよう、時間もないし、とか思ってみましたが、やはり納得がいきません。これって、できあがってもこのパンツ嫌だからはかないよね?はきごこちもこれじゃあ悪そうだし。そんなはかないようなパンツを提出するのはどうでしょうか。あまりにも見てくださる人に失礼です。しかもきっとこれ点数低いよって自分でわかっているようなものを出すなんて、、、。低い点数がついて返ってきたらいやですよね。あの時なんでやり直して提出しなかったんだろうって思うのもいやだし。いろいろ考えましたが、とにかく納得するものを出そう!と思ってベルトのところをほどきました。

 

でもこれ、黒なんだよね、見えにくいよ~とか言いながらほどきましたよ、えんえんと。まあ、ここへ来るまで何度もほどいているのでこれくらいなんでもないですが。結構簡単にほどけました。やはり以前からやり直しには慣れているからか?でもほどくと気分がすっきりしました。こんどは慎重に縫ってなんとか納得のいく仕上がりになりました。曲がったベルト芯もちゃんとまっすぐにおさまりました。やりなおしてみて思いました。なんだ、やり直そうかどうか迷っていたが無駄だったなあと。とっととほどいてやり直せばよかったんです。そうすればもっと早くできあがって提出していたのに。

コメント

返却された課題と一緒に提出した用紙に、先生の点数と共にコメントも書いてくださるのですが、それがまた嬉しいです。いや、褒めてくれたから嬉しいとかじゃなくて、何と言いますが、先生見てくれてありがとう!っていう気持ちになります。私だけかもしれませんが、このつたない作品を見てくれたことに感謝しまくってます。

 

たとえば、パンツの裾を私は少し引っ張り気味にまつっていたのですが、そこを見て先生が、引っ張り気味にしないようにしましょう、とかって書いてくれているのです。もうこんなパンツの裾まで見てくれてありがとうと思ってしまいます。そして、この個所は私自身気が付かなかったので、指摘してもらったのはよかったです。まつる、なんていうのは小学生のころから家庭科の実習で布の端をまつったりともう何回もしていたので、私自身軽く考えていました。なのでここは自分としては、いわゆるうまくできたと思っていた個所だったのですが、それを今回初めて指摘してもらい、気づくことができました。うーむ、確かに引っ張り気味だな、、、。ここって、目立ちますよね、裾のところでつんつんしていたら、、、。しつこいですが、先生ありがとう!です。

 

通信教育をやってて思うこと

今回2度目の課題を提出したのですが(最初は原型の製図)、通信教育をやる前は、こんなに先生にみてもらえるのがありがたいことだとは思いませんでした。口で言うのではなく、文字で書いてくれているからかもしれませんが、一言一言が重みをましております。

 

大げさかもしれませんが、義務教育で先生が教えてくれる、とか、塾で先生が教えてくれる、とかも今思えばありがたいことです。子どもの頃は当たり前かのように思っていました。なんてばちあたりな子どもだったのでしょう。今までこんな私を教えてくれていた、たくさんの先生方に感謝しつつ、これからの課題もやりたいと思います。

 

そんなこと言いつつも、早くも提出課題が遅れまくっている私ですが、通信講座の先生は、なんでこんなに出すのが遅いのよ!とかのコメントはなく、ほんの少しのいいところをみつけてほめてくれてます。これだけでうれしいんだから自分の子どもも、もっと褒めてあげればよかったなあと反省してしまいます。子ども達も大きくなりましたが、これから褒めてあげようまだまだ遅くない!そしてわたしもがんばらないとね~!

 

受講期間の延長

 先日送られてきた文化服装ニュースに受講期間の延長手続き方法の変更のお知らせがありました。
 
本来は受講期間は1年で、無料でもう1年延長できます。それ以降は有料で延長できるのですが、以前は延長の理由を書いて提出しないといけなかったのですが、その必要がなくなりました。2017年4月1日より、認可受講期間が終了する1か月前にまだ終了課題を提出していない方全員に事務局より継続振込用紙が送られてきます。ただし、有料延長については、最大3回までとなります。なので有料延長期間をプラスしたら最大5年間受講できます。
 
実は私すでに延長しています。その時は延長の理由を書いて提出しました。なんか情けなかったですが、今度からは自動的に振込用紙が送られてくるのでそんな情けなさも感じなくて済む?ので少し気がラクですが、余計にたるんでしまいそうですのでここらでがんばらないといけないですね。でも延長って3回までできるんですね。また期間めいっぱいになりそうでこわいです。

フッ素加工のフライパンを長く使おう実験 その3 気づいた事

うちのフライパン、あれから、、、

 

実験といいながら、限りなくいい加減ですが、引き続きやっています。

 

8月はほとんど毎日使いました。使っていないのは3日だけです。でも1日2回使ったりした日もあるのでほぼ毎日といったところでしょうか。まだまだするするした手触りです。特に引っかかりもなく、フッ素加工が剥げてきた感じもありません。もちろん8月末に焼きましたが、餃子もこびりついていません。この前チャーハンをしましたが、こちらもこびりつかず、ストレスゼロです。このままだといいな、、、。

 

 

気づいた事

 

フッ素加工の熱くなったフライパンに、急な温度差はよくないから調理したばかりのところに水をすぐ入れない、ということにして使っていました。理由は加工がはがれやすくなるからです。

 

でもあっつ~いところに水を入れたら汚れってとれやすいよね~とか思いながら我慢我慢。ほどよく冷えたところで水を入れて汚れをふやかしてから洗っていました。またはボロ布で汚れをさっと拭き取りました。新しいうちは汚れもこびりつかないのでとれやすいです。そんなことにもすぐ慣れてきました。

 

しかし、まてよ、冷たい水は入れてないけど、他に冷たい物を入れてるんじゃ?

 

たとえば、冷蔵庫から出してきてすぐの物。熱く熱したフライパンの上にお肉をジュウ~!とか、、、。焼きそばをざざ~っ!とか、、、。もやしを袋からバッサバサ、、、。そして餃子を並べてじゅううううう~っ!レシピ本とかには、熱したフライパンに、とか書いてあるし、、、。これじゃ水を入れてるのと変わらないんじゃないか?ひょっとしてお肉も常温にしてから焼いた方がフライパンの持ち具合にはいいんじゃないか?いや、冬ならともかく、日本のこの暑い夏で常温になるのを待っていたら、ちょっと気になるよね、、、。いや、そんなすぐに腐ったりはしないけどね、、、。

 

どうしましょうか?

 

結論

 

正確さを求めるならこれらもだめなんでしょうけれど、やはり主婦のキッチンの片隅でやっているエセ実験なので、大目に見ることにします。あくまでゆる~く行きたいと思います。なのでタイトルもエセ、ってつけないとだめかな、、、?

 

フッ素加工のものはだいたい寿命が1~2年だそうです。幅がありますね、、、。うちの安いフライパンはどうでしょうか?この値段の安かったフライパンがこびりつくようになったら今度は“売り場で一番高いフライパン”を買ってみて実験したいと思います。いや、そんな上等は買えないからやめようかな、、、?

 

 

フライパンを長く使おう実験 その2 途中報告

今月からやってみたフライパンを長く使おう実験についてです。その後どうなっているかというと、、、。

 

フライパンその後

8月3日に書いてから、3週間くらいたっています。まあ、変な使い方をしていてもこのぐらいでこびりついて使えなくはならないでしょう。今現在はすんなり使えています。もちろん餃子もこびりついていません。今日焼いたものですが、こんなにキレイに焼けました。

 

 

 

 

 

 

カレー餃子ってのを買ってきました。焼けたところで、餃子をお皿に移しますが、その時に餃子の上にお皿を伏せて置いて、フライパンをお皿ごとくるりとひっくり返したものです。一つもひっつくことなく、パカッ!と底から離れてくれました。

 

以前

それまでは、油をひきまくって、焼いてからこびりついた餃子をヘラでゴリゴリ取るような感じだったのです。いや、取るような、というより、取れてなかったです。ひっついたまんまで、お皿には片面皮のない餃子が3、4個ある状態でした。もちろんフライパンには3,4個分の皮がくっついたまんまです。そのままではとれにくいので、水をいれてふやかして、それからごしごし、、、するんですが、とれにくいです。

 

時間もかかるし、とれにくいのでイライラ、、、。

 

フライパンを使う頻度

実験、ならやはりフライパンを何回使ってこうなったとかはっきり書きたいですよね。でもいちいちカウントするのも、私の事だからやらなさそう、、、。そこで使った日にちだけカウントすることにしました。夏休みなのでお昼ごはんもあるから使う回数多いよね~とか思ってましたが、やはり多かったです。実験開始から今日までフライパンを毎日のように使っています。毎日カレンダーに使ったらマルを書いていましたが、効率が悪いような気がしてきました。

 

そこで使った日にちではなく、使わなかった日にちを数えることにしました。そしたら実験開始から今日までたったの2日しか使っていませんでした。わたしって結構フライパン使っていたのね、、、。

 

ちなみに、夏休みなので、昼ご飯によく利用します。オムライス、焼きそば、焼きうどん、チャーハン、、、。簡単なものばかりですね、、、。

 

落とした、、、

さて、フライパンには間違って冷たい水を2回ほど入れてしまいましたが、まあ、適当な実験というスタンスなのでこれはよしとしましょう。それより落としてしまって形が少々かわってしまいました。こんな感じです。

 

 

落とす前のがこれです。写真の角度が違いますが、右のところです。

 

 

なぜか私は買ってすぐの新しい物を落とすクセがあるようです。今まで携帯、ワッフルメーカー、ビデオカメラなんかを買って1週間くらいしてから落としています。

 

携帯は外で見ようとして手が滑って道に、ワッフルメーカーは家で手が滑って床に、ビデオカメラは自分で持っていてこけて本体に傷がつきました。(^^;)

 

まとめ

歪んでもフライパンです!表面はまだまだ変わりなくするするした手触りです。次男は夏休みが終わったけど、長男はまだまだです。家にいる時は暑いけど頑張って子どものお昼ご飯をフライパンで作りたいと思います。

フライパンを長く使おう実験?

フッ素加工のフライパンですが、あれって、何日使っていますか?

 

私はカウントしたことないのでわからないのですが、先日もこびりつきまくるようになったので、買い替えました。餃子を焼くのにこびりつくと、皮が底について剥がれてしまいますよね。あれ困ります。パリパリの皮がおいしいのにとても残念です。途中ひっくり返すとか混ぜるとかいうものは、あんまりこびりつかないのに、餃子はじーっと動かさずに焼くからフライパンがダメだと必ずと言っていいほどこびりつきます。油をひきまくればいいのでしょうが、なるべく油は控えめにしたいし。

 

そんなわけで、この度、フッ素加工のフライパンを長く使おう実験?をしてみることにしました。素人の適当な実験なので、方法はいたって適当です。

 

 

実験方法

1. フライパンって


これは、あえて売り場で一番安いものを購入。安いので長く使えれば、高価なものはもっとも使えるかなと思ったので。


私が買ったのがこれです。798円税別です。買ったばかりで手触りがスルスルしています。

 


売り場には2000円台の物もありました。ただ、フッ素加工とはかかれてはおらず、マーブル加工となっていましたが、いいことにします。同じフッ素加工の物と並んで売っていたので。(適当)


2. 餃子を焼いて、皮が剥がれるようになるまで、もしくは他のメニューでこびりつきが気になるようになるまでの日数をカウントする。


あくまで適当なので、餃子は私の気が向いた時だけしか焼きません。このフライパンは、焼きそばとか、チャーハンとか、野菜炒めとか、私がいつもの使い方で使います。何回使ったかは数えません。使い始めてからの日数をカウントします。使わない日もあります。本当に適当を通り越していいかげんな実験ですが多めに見てやってください。子どもが夏休みなので勝手に焼きそばを作るかもしれませんので、今月は使用回数が多めかも。


3. 気を付ける事2点


 その1. なるべく長持ちするようにに使います。いったん普通に使ってみて、それから長持ちするように使って、両方を比較するといいのですが、そうなると時間もお金もかかるので、やめます。せこくてごめんなさい。


 その2. 熱いフライパンにいきなり水をいれたりして、温度を下げないことにします。これは、パッケージにも書かれていました。ラジオかテレビかなんかでも知ったのですが、空焚きよりもいきなり熱いところに水とか入れて冷やす方がフライパンにはよくないそうです。これでかなりもちました!とか聞いたので、試しにやってみます。使った後汚れが落ちやすいようにすぐよく水を入れるのですが、冷めてからにします。


以上です。

 

まとめ

普段は荒っぽく使っていると思うので、これで少しはましになるでしょうか?ちょっとのことですが長持ちするなら、その方がいいですよね。


今回は一番安いフライパンですが、これが終わればもう少しお値段高めのフライパンで比較してみたいです。ちょっとなんだかワクワクしている私です。

 

水と土は重要

 

当たり前だと言われそうですが、ガーデニングには水と土は重要です。

 

今まで

 

種まきも、ポットに植え替えも、古い土とか、前に使った植木鉢にそのまま残っている土を耕して使っていました。結構それでいけてたんです。というか、たまたまいけたんでしょうね。古い土でもすぐにダメにならないし、種まきもそんなに土はいらないし、すぐ植え替えをするので、影響はなかったのかもしれません。

 

ところが、なんとなく、どうも、植物の生育が悪いぞ!と去年あたりから思い始めました。

 

原因は?

 

日当たりをまず疑いました。なぜって、5年ほど前にうちの庭にあった植木鉢を置く大きな台を撤去したからです。1メートルくらいの高さがあったので、その台の上は少しだけですが、直に置くより日当たりがよかったんです。だからなくなれば日の当たる時間が少なくなります。ただ、もう5年も経っています。日当たりが悪ければ、すぐに影響が出るはずなので関係ないでしょう。それに時間にして3、4時間は最低でも日が当たるので、まずは大丈夫かなと思います。

 

種が悪いかと思いましたが、これも却下です。ここの所毎年購入した種も植えています。もちろん、家で自家採取したものも植えました。買ったからとか、自分で採ったから、とかで生育がよかったり、悪かったりとかはなく、バラツキがありました。

 

ただ、良い苗を買ったときは植え替えてからすぐは、結構いい花が咲きました。やはり端正込めてつくられたからでしょうか。下の画像は私にしては高かったアルペンブル-です。割とよく咲いてくれました。

 

 

 

肥料ではなかった

 

それまで小さいポットに長いことう植えっぱなしの期間が長かったから、と思って、大きな植木鉢にこまめに植え替えるようにしました。これで春になったらたくさん咲いてくれるぞ~と思いながら、、、。でも春になってもだめでした。咲くことは咲くんですが、自分が思っているような、いわゆるこぼれんばかりに咲く、ってのにはなりませんでした。ショボショボ咲く、といった感じです。10号の鉢に3株のパンジーを植えましたが、土が見えていてなんだか貧弱でした。最初の出だしが悪かったからか、春になっても大きくなりませんでした。姉にも苗をあげたのですが、大きくならなかったよ~と写真付きでメールをもらってしまいました、、、。

 

そういえば、ポットに植えてあったときもショボショボでした。花は咲くんですが、株張りも小さかったです。お店に並んでいるポット苗は、小さいポットなのに、なんであんなに大きいんだろう?前は広いところに植えたらぐんぐん大きくなったよね、、、。

 

もしかして肥料かな?と思い、薄めて水やりの時にかけて使う物を与えてみました。よくある園芸用のお手軽なものです。でも違ったようです。ほとんと変わらず依然と同じでショボショボです。

 

ふと気が付きました。そういえば、マメに水やりをしているよね、、、。

 

水やり

 

根は水があったら根を張るのをさぼります。なぜってそこに水があるから。水がなければ水を求めて根はどんどん伸びます。

 

思えばいろいろ植えたので、植えるたびに水をやりました。今年は庭をきれいにするぞ!と意気込んで、枯らしてはいけないと水をやりすぎたようです。なにかのついでに水をやり、明日は忙しいからとか言って水をやり、そして明日になっても水をやり、、、。頭でわかっていても実行できてない典型的な例ですね、、、。水をやりすぎて甘やかしたせいか、根を張らずに苗は甘やかされて育ったしまったのですね、、、。

 

 

姉からのメールで気が付きました。というより、思いだしました。以前姉がシクラメンを植えていたんです。プランターに、、、。60センチくらいの細長いプランターシクラメンって、、、。普通は丸い植木鉢に植えるもんだろうと、突っ込みをいれたくなりましたが、そのシクラメン、すごく立派に育っていたんです。姉がどうしてプランターに植えたのか、多分適した植木鉢がなくてしかたなく、というか、これでもいいかくらいに思って植えたのでしょう。ちょっと笑える見かけでしたが。

 

そこで姉が一言。やっぱり土だと。

 

そこにはちゃんとした土が入っていたのです。買ってきたもので、まあ、そんなに上等ではないけれど、ガーデニングに最適!みたいに売っていた土です。いろいろ植えて、残った土をそこに入れていて、シクラメンもたまたまそこに、、、。

 

ほかのところに植えたもので、古い土を使いまわししたものはヒョロヒョロだけど、jこのシクラメンはぐんぐん伸びている、やっぱり土だと、、、、。

 

私は土を軽視していました。なんでもいいいや~なんとかなる~と思っていました。何とかなる時もありますが、ならない時もあります。ポットの土をあらためて見てみると、なんとカチカチ、、、。これでは根っこも張りようがありません。いったい何度使い回していたんだって感じです。

 

これから

 

売っている土って、ふかふかです。いい土だから、小さいポットの苗でも立派に花が咲くんでしょうね。初心に戻って、土と水、気を付けたいです。せっかく手間暇かけて植えるのなら元気に育つ方がいいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

除草剤そして5分頑張った結果

先日除草剤を撒いて早一か月。どうなっているかと言いうと、、、。

 

除草剤その後

 

こんな感じです。見事に枯れ野になっています。除草剤の容器のラベルに『撒いてから6時間は雨に当たらないように』と書かれていたんですが、4時間くらいで雨がパラパラ降りました。そんなにたくさんではないけれど、ダメかな~と思っていたんです。でもほら、このとおり。

 

しかし、草を枯らすことはできるけど、枯れた草をなくすことはできないんですね。これは自分で刈り取らないといけないようです。当たり前ですが。

 

そしてちらほら発芽している雑草もありました。これは除草剤を浴びてないので自分でちまちまと抜くしかありません。ちょっとめんどくさいです。

 

でも除草剤を撒いていなければここはもっとどんどんと雑草が伸びていたでしょうね。

 

今回使った除草剤は一番安い物でした。このお値段で、これだけパワーがあればお得だと思います。まだ余っているし、、、。

 

5分がんばると

さて、ちょっとその枯草を掃除してみました。時間にしてたったの5分です。

 

 

 

どうでしょうか。スコップでしゃりしゃりと表面の枯草をとっただけなんですが、すっきりしました。こんなにすっきりするとは思わなかったので枯草を取る前の画像をもっとちゃんと撮っておけがよかったです。比較できたのに。

 

自分で言うのもなんですが、枯草だけのところが庭っぽくなったような気が、、、。なんか手入れしていますよいつも!みたいな感じになったような、、、。あ、ただ土が見えただけですかね?でも5分でこれだけきれい(あくまで私基準です)になるんだったら、もっと早くからやればよかったな~。5分だけがんばればいつも草だらけだな~なんて思わなくてすんだんですね、、、。

 

汚庭かどうかの違いは“5分”にあるのかもしれません!

 

定点観測

調子に乗って定点観測して見ようと思います。

 

これは簡単に言えば同じ場所から時間を変えて観測することです。小学校の時にやった月の位置の観測も定点観測ですね。

 

 

次回はこの辺りを攻めていきたいと思います。真ん中でぼうぼうのびているのはグラジオラスです。夏の間元気でしたが、そろそろ引退していただきます。それに隠れるようにして置いてある小さな植木鉢も地植えしてみたいと思います。

 

秋には殺風景なほどシンプルな庭に手入れの行き届いたパンジーの鉢植えが少しだけ、それもいいかも、、、?